教員評価に対する意識調査集計結果及び考察

教員評価と新人事評価に対する意識調査を各校全職員に実施し,その結果をもとに,今後の課題と取組に ついて8月6日の管内小中学校研修会,教頭研修会で協議する予定です。
教員評価の意識調査については,次のような結果となりました。 教員評価も新人事評価も,「野田っ子しんぼう教育プラン」の1ページで述べたように,「やる気」につながるものでなければならないと考えますが,その点がまだ不十分であることを確認することができました。

c0118193_10114070.jpg


3 結果の考察と今後の課題
(1) 結果の考察
① 全ての項目の平均値が0を越えており,教員評価を肯定的に受け止めていることが伺える。
② 1,2の回答から,目標の連鎖が意識されつつあることが伺える。
③ 9の回答から,教員評価が自己の資質,能力の向上にあまり結びついていないと考える者が半数にのぼることがわかる。
(2) 今後の課題
◎ 職務への意欲を高め,資質・能力の向上を図るための教員評価の工夫,改善をいかに図るか。
・ 教員評価の形成的評価の在り方を追究する。
・ 自己のよさを知り,それを活かすという観点からの目標設定を導入する。
・ 長期的展望(人生設計)を踏まえて,今何を為すべきかを考える場を導入する。
[PR]
by tan230 | 2008-07-16 10:14 | 教育
<< 頑張る野田っ子には神様がついている 自己の生き方を考える -新学... >>