頑張る野田っ子には神様がついている

なんとドラマチックな一日だったことでしょう。
9月20日(土)の朝四時,雨がしとしとと降り続いています。
インターネットの天気図を見ると,台風13号は房総沖にあって東北東に時速35kmで進んでいます。定規を取り出して,台風の雲が野田の空からなくなる時刻を計算してみました。予想は9時頃。
小美玉市の天気予報は,午前中が雨で降水確率80%,午後は曇りとなっています。
そうこうしているうちに5時になりました。
雨は相変わらず降っていますが風はなくおだやかな雨です。

「できそうだな・・・」と思いながら車に乗り込み,学校へ向かいました。
岩間を過ぎて美野里に入り,六号国道を越えて石岡ゴルフクラブ付近まで来ると,雨は降っていますが西北の雲が切れ始めていました。
「できるな・・・」と思いました。
学校に到着したのは,五時三十分過ぎです。教頭先生,SN代先生,K米先生,I川先生,H田先生,K島先生がすでにおいでになっていました。
雨は小降りになってきましたが,校庭は水浸しです。
校庭の水捌けは良いとはいうものの・・・
明日21日は曇り時々雨の予報が出ています。

To be or not to be ・・・

五時四十五分,決断の時です。
この時,なぜか,朝に見た台風が東へ流れていく天気図を思い浮かべました。雨は上がって天気はよくなる一方です。
「今日,やります。」
思わず,口をついて出ました。

すぐに,電話連絡を開始。教頭先生は煙火打ち上げの連絡。
H田先生はホームページに実施を掲載。
SN代先生,K米先生,I川先生,K島先生はすぐに校庭に出て,箒をもって水捌け作業を開始しました。
外に出ると,雨は上がり始めました。西に青空が見えます。
校庭をぐるりと回ってみると,嗚呼・・・すごい水です。

午前六時,校庭から二発の煙火が上がるのを見守りました。
体の中まで震わすその音をきいて,近くにいらした教頭先生と思わず拍手をしました。
よし,やるぞーっ!とめらめらと心に燃え上がるものがありました。この時の私の瞳は星飛雄馬だったに違いありません。

六時半になると,続々とお父さん方が来られ,声を掛け合って,校庭への砂入れを始めました。みるみるうちに整備されていく校庭。学校とPTAの協力体制のすばらしさをあらためて思い,感謝の念を深くしたことでした。

そして,午前八時四十分。予定通りに運動会が始まりました。
「秋空に みんなの笑顔と光る汗 野田っ子魂燃えつくせ」のスローガンのとおりのすばらしい運動会となりました。
暑くなく寒くなく,しっとりとした校庭で,ほんとうに美しい運動会だったなあ,と思います。
何よりも児童に一人の欠席者もなかったことがうれしいです。
O月先生もおいでになれたし,靖子先生にもたくさんのお手伝いをいただきました。
素直な野田っ子,頑張る野田っ子,さわやかな野田っ子・・・しんぼうと協調の野田っ子には神様がついてくれているとさえ思える一日でした。

夕方から行われた保護者を交えての懇親会もたいへん盛り上がりました。

そうそう,一つだけ神に見放されたものがありました。私の眼鏡です。どこへいってしまったのでしょう?
[PR]
by tan230 | 2008-09-25 10:23 | 教育
<< 老いたらオイタ 教員評価に対する意識調査集計結... >>