ひらがなのくにの「ぜつぼう」のはなし

あるところに「ことばのせかい」がありまして,そのなかに「ひらがなのくに」がありました。「あ」から「ん」までのひらがなたちが,日本のくにからきこえてくることばをつくって,ことばのとおりにいきているのでした。

あるとしのおおみそかのことです。
「ひらがなのくに」から,しくしくとなきごえがきこえてきました。どうしたのかとちかづいてみると,ないているのは,「ぜつぼう」くんでした。

c0118193_2026558.jpg


ああ,ぼくは,ゆめもきぼうもない「ぜつぼう」。ああ,いやだいやだ。どうして,ぼくは,こんなにかなしいことばなんだよう・・・
と,じぶんのことばをかなしんで,ないていたのでした。

「ぜつぼう」くん,きみはいつから「ぜつぼう」くんなの?
と,きいてみると,「ぜつぼう」くんは,
ぼくは,もう,とおいむかしから,ずーっと「ぜつぼう」だよ。
と,いいました。 

ねえ,一年のうちで,おおみそかだけは,ひらがなのいどうがゆるされているはずだよ。そんなにかなしいのなら,ちえをしぼって,もっといいことばになったらいいじゃないか。
と,はげましましたが,「ぜつぼう」くんは,
なにをしたってもうだめさ。どうせ,ぼくは,「ぜつぼう」だもの。
と,くびをうなだれるばかりなのです。

「ぜつぼう」くんにいってもむりのようなので,ぜの「だくてん」くんにきいてみました。
ぜの「だくてん」くん,なんだか,きみはいじけたかたちをしているね。
すると,「だくてん」くんは,いいました。
「ぜつぼう」のいちばんのせきにんは,ぼくにあるんだ。ああ,ぜつぼうのだくてんなんかいやだいやだ。くやしくって,かなしくって,ながいあいだ,いらいらしていたら,こんなにみじめなかたちになってしまったんだよ。ああ,ぼくなんか,いなければいいんだ。

それをきいて,「ぜつぼう」くんが,いいました。
はなれたいやつは,はなれればいいさ。もう,どうでもいいんだから。
「だくてん」くんは,
ああ,それなら,はなれちゃうから。
といって,「せ」のじのせなかからすべりおちていきました。
すると・・・「ぜつぼう」は「せつぼう」にかわりました。
「せつぼう」は,大きなこえでさけびました。
ああ,いいことばになりたいよう・・・
「せ」のじが,ぐらぐら,うごきはじめました。

c0118193_20281163.jpg


みるみるまに,「せ」の三つのかくがはなれて,「し」と「十」になりました。
しかし「十」はかんじなので,すべりおちていきました。
「せつぼう」は,なんと「しつぼう」になってしまいました。
そのしゅんかん,すべりおちていく「十」のながいほうの「一」が,
「つ」をひっくりかえして,くっつくと「ん」のじにかわったのです。
「しつぼう」は,みごとに「しんぼう」になりました。

c0118193_2029490.jpg


すべりおちた「だくてん」も「1」もはくしゅをおくりました。
「しんぼう」ってなんてすてきなことばでしょう。
「しんぼう」は,すべりおちた「だくてん」と「1」にいいました。
みんな,こっちへおいで。みんなで,いいことばをつくろうよ。

c0118193_2030221.jpg


「しん」くんと「だくてん」くんと「1」くんが,なにやらそうだんしています。
「ぼう」は,そのようすを,ただ,ぼうっとながめていました。

c0118193_20305021.jpg


おおみそかのよるはしんしんとふけて,いきました。
やったー,いいことばになったぞ。ばんざーい!
「しん」と「だくてん」と「1」は,きょうりょくして,からだをよせあって,
「き」のじをつくったのでした。

c0118193_2031314.jpg


こうして,「ぜつぼう」は,「きぼう」にうまれかわりました。
「きぼう」くんはおもいました。「ぜつぼう」は「きぼう」のもとだってことを。
あたらしいとしのたいようがかおをだし,ひらがなのくにをまっかにそめていました。









*この話は、童話「ぜつぼうの濁点」(原田宗典作・教育画劇)をヒントにしてつくりました。
[PR]
by tan230 | 2008-12-24 20:43 | 教育
<< 丑の年 地域ぐるみの安全体制づくり >>