どうぞ「よんろく」みなさん「さんなな」

26日の火曜日から業間休みと昼休みに一年生を校長室に招待して算数の勉強をしています。十の補数の学習が終わった今の時期に,その定着度を高めたいと,一学年担当の先生からの依頼を受けての実践です。
「さんすうの勉強にきました。失礼します。」
一年生十人ほどの元気な声が校長室に響きます。
「いらっしゃい。さあ,どうぞ。」
入り口近くに全員が一列に並ぶと,声を揃えて「よろしくお願いします。」と言って一礼します。
目を丸くして,大きな声で「はい。」と言う私に,ニコニコする一年生です。
自分が座るソファーの前に立ってもらいます。腰を下ろす前に,
「足は床に着けたまま,おしりをそっと下ろして下さい。」と言うと,
きりっとした姿勢で座ります。立派な一年生です。
「では,はじめますよ。どきどきしてますか?」の問いかけに,
「ちょっと,どきどき・・・」「ぜーんぜん・・・」など,さまざまな反応が返ってきます。

まずは,全員で練習をします。
「さん」・・・・・・・・「なな」,「おお,すごーい!」 (*・・・は時間を表しています。)
「ご」・・「ご」,「そうそう!早いねえ!」
「ろく」・・・・・・・・・「よん」,「はい,そうですね。」
「いち」・・・「きゅう」,「そうです。よくできました。」
「それじゃ,一人ずつ,やってみようか。」
・・・・・・・・
こんな風にすすめてみると,難易度は,おおよそ次のようでした。

  覚えやすいもの   5と5,1と9
  少し難しいもの   8と2,2と8
  難しいもの     7と3,3と7   6と4,4と6

なんとかうまく覚えられる方法はないかな,・・・と思いながら進めていて,・・・閃きました!

あいさつの「よろしく」 → 「よんろく」
帰りのあいさつ「さようなら」→「さんーなな」

これで説明すると,一年生の児童たちは大喜びです。
「どうぞ,よんろく」「みなさん,さんーなな」が教室で大流行?

翌水曜日になると,前日よりも確実によくできていることを実感しました。
覚える学習で大切なことは,
(1) ただ覚えろというのではなく,楽しい覚え方を考え出すおもしろさも教える。
   最終的には,教わらなくとも,自ら覚え方を創り出せるように。
(2) 楽しんで覚える場,競争して覚える場を設定する。
(3) できた,という喜び,満足感をもたせる。これが次への意欲につながる。

全学年の子どもたちに,このような関わりをもてる場があるといいな,と思っています。
[PR]
by tan230 | 2007-06-28 19:47 | 教育
<< さわやかなのだ そう(爽)なのだ 授業の質を高める >>