2007年 06月 13日 ( 1 )

車間距離

今朝,通勤途上のことです。
県道52号線(石岡城里街道-石塚街道)を南下して涸沼川にかかる仁古田橋を渡り,岩間工業団地入り口の信号を越えると,いつもは渋滞のほとんどない俎倉(まないたぐら)の交差点までの道路が渋滞しています。事故でもあったのかな,と思いながらノロノロと進む前の車に付いて進みました。
やはり事故でした。交差点の手前二十メートルほどの地点に,追突され,追突した三台の車があり,舗道に5,6人の人たちが立っていました。まだ警察も来ておらず,事故からさほど時間が経っていないと思われました。車の損傷はさほどひどくないようだし,けが人も出ていない様子。不幸中の幸いと,ホッとしながら脇を通り抜けました。

さて,朝の通勤時間帯の事故は,教職員の事故の中でも件数が最も多いようです。それも「加害事故」が多いと聞きます。事故を起こさない・事故に遭わないための心がけは,常日頃から十分に考えておく必要があります。
さて,皆さんは車を運転する上で,事故を起こさない・事故に遭わないために,特に心がけていることは何ですか?
私の場合は,「適度な車間距離をとること」です。

(1) 車は一秒間に何メートル進むか?
時速10㎞では,10000m÷3600秒=2.77777777777777777777777777777777777... m  で,約3m。
時速50㎞ではこの5倍ですから約14m,時速100㎞では約28mにもなります。

(2) 停車するまでの距離は?
自動車学校で急ブレーキをかけてから停車するまでの距離について学びましたね。うろ覚えですが,時速が早くなればなるほど停車までの距離は伸びると教わった記憶があります。また,雨の日などはもっと長くなるということも。

(3) 車間距離は2秒以上!
さて,「適度な車間距離」とは・・・。
時速40㎞なら20m,時速100㎞なら100mでしょうか。
ジャフメイトという雑誌だったか,記憶がちょっと曖昧ですが,「車間距離は2秒以上」という記事を読みました。距離を秒で表すというのは面白いなあと思いました。前の車がある目印を通り過ぎて「いち,に」と数えてみる,自分の車がその目印に行くまで二秒以上かかる距離ならOKということだそうです。万が一の場合に備えて,判断に1秒,操作に1秒の合わせて2秒は少なくとも必要だ,という意味付けは 説得力があります。3秒とれば安定した車間距離と言えそうです。

(4) 金魚の糞では良いことなし!
車間距離をとらないで,金魚の糞のようにくっついて走っている車を見かけることがあります。そんな車に後に付かれるのは困りますね。このような車は,前を走る車のちょっとしたスピードの低下にもブレ ーキを踏んでいます。つまり危険なだけでなく,燃費も悪くなるということです。

さて,今朝の三台の追突事故も,車間距離を取ることによって回避できた可能性が高いと思われます。
ゆるく左にカーブしている道を走っていたら,走っていたはずの前の車が停車していて,あわててブレーキを踏んだら,自分は追突はしなかったものの,後の車に追突された,という経験をもつ私は,車間距離は,人一倍とるようにしています。
今朝の天気予報では,関東は明日が梅雨入りとか。雨の日は事故も多くなるようです。
出勤,退勤時,心だけでなく車間距離にも余裕をもって運転したいものです。
(平成19年6月13日)
[PR]
by tan230 | 2007-06-13 21:33 | 教育